本当にすごい血流術

右腕を血液循環療法の基本治療を軽くやっただけでも30分以上にわたって循環がよくなる(血流がアップする)効果が確認できました。

血液循環療法のエビデンス(1)

The Evidence of Blood Circulation Therapy(1)

 

血流促進効果の測定The measurement of the bloodstream promotion effect

 

1)方法 method

 

被験者(20歳男性)の右上肢を血液循環療法の基本治療法を5分間施術後、橈骨動脈に超音波血流計のセンサーを当て30分間測定した。

After treating the upper right limb of the subject (a 20-year-old man) with the basic treatment of blood circulation therapy for 5 minutes, a sensor of an ultrasonic blood flowmeter was applied to the radial artery and measured for 30 minutes

2)効果 effect (表1)“graph1”

(出典拙著「シコリを解けば病気が治る・血液循環療法・理論編」)

 

流速は時間の経過とともに波動を描きながら右肩上がりに30分間にわたり増加した。

 

心拍数は61/mから50/mに低下した。

 

The flow velocity increased over the course of 30 minutes in a wave-like fashion over time. Heart rate dropped from 61 / m to 50 / m.

 

3)考察 examination 

 

血流量は血管の断面積が一定であれば流速に比例する。心拍数が低下しているにもかかわらず流速が30分間上昇していることは、心拍数の低下は副交感神経優位の状態を意味し、

 

血流量が増加したということは毛細血管網が解放され血液が集まってきていることを意味する。30分しか計測していないが、グラフから推測するとこの効果はそれ以上継続しているであろう。施術後,被験者は施術部位が温かく感じたり、軽い感じがする。

 

また、5人の被験者の前腕筋群の施術後に握力計で測定すると、全員握力が向上した。

 

The blood flow is proportional to the flow velocity if the cross-sectional area of the blood vessel is constant. An increase in flow rate for 30 minutes despite a decrease in heart rate indicates that a decrease in heart rate indicates a parasympathetic dominance state,An increase in blood flow means that the capillary network is released and blood is gathering. Although we only measured 30 minutes, the effect would be longer if we infer from the graph. After the treatment, the subject feels warm or light at the treatment site.

 

In addition, the grip strength of all subjects improved when measured with a dynamometer after treatment of the forearm muscle group.

 


               血流促進効果を無料で体験する

              戻る